スローリー ~三日目~

ケープタウンの時間は、ゆっくりと流れる。
f0064573_1420121.jpg

ヨハネスブルクから来た、アフリカ人もそう言う。
そんなこと言ったら、ヨハネスブルクも東京に比べたら、ゆっくりだよ。
なんてね。

さて、朝一にホテルの屋上にある、プールで水浴びをし、
ブレックファーストを済ませたら、イベント会場へ。

ここでも、英語が飛び交う飛び交う。
・・・当り前か。
f0064573_1420359.jpg

そんな形で、たった3日間で30人以上は紹介されているかも。
数名しか、顔と名前が一致していない。

それにしても、南アフリカに滞在の人達は、
日本人とは全く生活感が異なっている。

喜怒哀楽がしっかりしていて、大人である。
今日も、タメのイギリス系アフリカ人が、子供と今日から4年間会えなくなってしまったと、
泣いて登場だったと、重さが違う。
先日は、子供が交通事故で亡くなったなど、リアクションの取りにくいことが多い。
これも国の文化なのか。

そんなことを思いつつ、夕暮れも過ぎ、夜のケープタウンメインストリートへ。

やはり、街自体が恐ろしい。
クロンボがクラブに溜まり、その周りを真黒が埋め尽くす。
ガングロなんかではなく、ドングロだ。

なぜか、そんなメインタウンの中にある、ベリーダンスが行われるトルコ料理屋へ。
f0064573_14212062.jpg

ここは、白人系がなぜか多かった。
f0064573_14205432.jpg

というか、南アフリカに来て、ベリーダンスって。笑

腰の振り方はすごかったが、途中からなぜか腹芸を始めた。
顔はさすがに書いてなかったが、ずっと腹を凹ましたり、膨らませたりと。
f0064573_14215697.jpg

f0064573_1422949.jpg


そして、今日分かったのが、南アフリカにいる人はみんな巨乳だ。
f0064573_14213744.jpg

以上。
[PR]
by oioioisa | 2011-03-06 14:22 | 南ア
<< 感動 ~四日目~ 劣等感 ~二日目~ >>