慣れ始めが恋の終わり -二十二日目- SS

やはり、大ボスが来国されると、
バタバタでございます。
その代り、おいしいお食事を頂けてます。

ようやく、慣れ始めた南アフリカの生活。
慣れ始めということで、
ようやく警察にカツアゲされるという、
面白事件が発生しました。

今日ハイウェイを下りようと左車線に行こうとすると、
トラックの後ろに、ポリスメーンが。
これがいれてくれるのか、くれないのか、めっちゃ微妙な位置づけをしやがって。

しょうがないから、後ろに入ろうと思ったら、
すれ違いざまに、止まれと。

しょうがないから、止まると、
免許みせろ、パスポート見せろって。
こっちは常にパスポートを持ってなくてはならなくて、
持っててよかったわ。

そしたら、no bad.意味が分からない。

なので、ずっと、
I don't know mean.
と、連呼してたら、ついには、
「ポリスは喉が渇く。冷たい飲み物を飲むのを知ってるか」
だってさ。
笑っちまったよ。
でも、I don't know mean. 連呼してたら、
あっちも連呼し始めて、めんどくさくなったんで、R20 渡しました。
そしたら、解放されました。
金を渡すときは、車のシートに隠れて。
やりたい放題だな、朝から。
よし、大使館に訴えてやる。・・・名前聞くの忘れた。

そんな感じ。

とりあえず、エビを食べました。
殻です。
f0064573_15501100.jpg

[PR]
by oioioisa | 2011-07-18 06:47 | 南ア
<< holiday -二十四日目- SS fuckoff -二十日目- SS >>