ちょいとそこまで -百十五日目- SS

やっぱり、行きつけを作るとやりやすいですな。
とはいっても、たかだかコンビニだが。

こちらでは、コンビニというのが必ずガソリンスタンドに併設なのだ。
というよりかは、ガソリンスタンドあるところに、コンビニありという感じです。

行くと、愛想よく笑ってくれる、黒人のちっこい姉ちゃんがいます。

さて、ハロウィン季節になり、ハロウィン雰囲気が漂う中、
町のそこらで、花火の音が。

いやぁ、いかんせん低すぎるだろ、打ち上げているのに。
これは、火事になりえるぞ。

とはいえ、花火の音が鳴るたびに、近くにいる黒人が身をひそめる。
なにやら、銃を打った時の音に似ているかららしい。
町はずれに居る時に、丁度花火があがり、驚いて身をひそめる、
黒人に癒されております。


とはいえ、この生き物はなんて言うんだ?
f0064573_19212811.jpg

なんで、エルビスに子供が群がるのか?
f0064573_19215122.jpg

コインゲームだからです。

やっぱり、チャミスルは良いですな。
f0064573_1922794.jpg

ちょっと、運転怖いが。

そんな感じ。
[PR]
by oioioisa | 2011-10-27 07:20 | 南ア
<< 車で2時間 -百二十五日目- SS 夏だなぁ -百十三日目- SS >>