家庭事情 -二百十一日目- SS

こっちの平均寿命は50歳を下回るらしい。
もっと若くして死ぬのが結構普通。
その為、今日を楽しんで生きようっていう気が強いのか。
いいことだ。
全く、計画性ないけれど。
そんなわけで、金があったら使う。
だから、南アフリカの経済は発展していく。。。

と、思いきや、黒人の人達が持って使うお金は、
たかがしれている。
だから、それほど動きはない。
・・・なんか嫌な言い方だね。

さてさて、という訳で、
労働組合?では、いつ死んでもいいように、
もし死んだら、誰に遺産を渡すか、
名前とパーセンテージを書かせている。

ふと、38歳の男のやつを見ると、
子供の名前が6人(名前だけじゃ分からない。年で把握)
お、子だくさんだね。
もちろん、計画性がないから、全て中。

詳しく聞くと、
今一緒に住んでいる、嫁みたいのの子供が2人。
嫁も知っているが、他の女に子供を作って一緒に住んでいるのが、2人。
計4人の子供と一緒に住んでいると。
ん、後2人は?

更に、他の女で2人と。
これは、嫁も知らないから、今度発覚したら、殺されるから、内緒で。と。

う~ん、良い時代の生き方だ。

なんか、違うけどたくましいな。


ということで、中華のファーストフードみたいなとこに行ったわ。
なんか、黒人が中華鍋を華麗に回すのに見とれて、入ってみたが。
もちろん、味は微妙。
f0064573_4134797.jpg

とにかく、量が多い。
麺が油だらけ。
学生さんにお勧めです。

最近、店が増えている、【Lucky Moo】でした。
f0064573_4135727.jpg

そんな感じ。
[PR]
by oioioisa | 2012-02-08 04:14 | 南ア
<< 高速の1シーン -二百十三日目... アフリカンダンス -二百八日目... >>