キリマンジャロ(1)

キリキリキリキリキリマンジャロと。

数ヶ月前、ほんのちょっとした話の中で、
キリマンジャロへ行ってみよう!!

という話が出た。

どうせ、実現性はないだろうと思っていたのだが、
実現してしまいました。

ここから数日間は久しぶりに死ぬかと思った、キリマンジャロ登山を書きますわ。
もちろんのごとく、内容にいろんなとこが省かれるので、本当に登った人の体験談とか見たい人は、
違うとこ探してねー。

さて、キリマンジャロとは。キリマンジャロ
こんな感じ。

キリマンジャロの登山ルートには、数ルートあるらしいが、
俺らみたいな、素人は一番登りやすい、マラングルートというルートを使用しました。
一番登りやすいと言っても、片道50km、標高5895m、ばかかというレベルです。
日数も5泊6日というスケジュールで行きました。

まずは、夜中の便で、
ヨハネスブルクから、ケニアのナイロビに向かい(約4時間?)、
ケニアのナイロビからは、陸路でタンザニアのアルーシャに向かいます。(約6時間)
このバスが、またローカルのバスのようで、混雑しているのですわ。

さて、ナイロビに朝イチに着いたが、
話どおり、空港がしっかり燃えて、朽ちておりました。
f0064573_421290.jpg

未だ、その残骸が残っているのが、さすがだわさ。

そして、ケニア人のガイドと合流。
バスのチケットをもらうだけの為に、来てくれた。
1年ぶりの再会を果たす。(去年ケニアに来たときにも会った)
f0064573_422954.jpg

そして、8時から、混雑のバスに乗るとやら。

バスの中の人は、みんなキリマンジャロへ向かう人がメインで、
その他には、地元に帰る現地人ってとこ。
20人くらい乗れるバスに、しっかり21人乗っている。
これでの長距離移動はきついね。

乗っている間、前に乗っていたルーマニア人が一緒に行った女の子に口説いていた。
「山頂に登庁する日が、クリスマスだから、そこで子供を作ろう。ルーマニア人と日本人の子供だったら、絶対かわいいから」
あ、山頂する日って、クリスマスなんだ 笑

隣に乗っている女の子のお母さんが、エジプト出身と知れば、
「おー、言われてみれば、クレオパトラに似ているよ」
と、最高なルーマニア人。でも、最初の10分すぎからは、めっちゃうざくなり、
話しかけるなと言う始末。
先がやられます。

そんなこんなで、ケニアとタンザニアの国境へ。
f0064573_42532.jpg

f0064573_431599.jpg

f0064573_434035.jpg

VISA代として、$50取られるが、なんかしょぼいVISAだったわ。

今回は、自分含め、4人で登山を行う。
アルーシャのホテルに入り、4人全員集合。
そして、キリマンジャロビール。俺のビール!!(懐かしいワード)
f0064573_445086.jpg

そんな感じで、明日からキリマンジャロへ登ります。
うん、高いな。白いな。キリだな。
f0064573_46073.jpg


そんな感じ。
[PR]
by oioioisa | 2013-12-29 23:00 | 旅行
<< キリマンジャロ(2) アナーキーの息子 -九百八日目... >>