カテゴリ:旅行( 65 )
Mozambique (1)

年末、なんとなく、車でモザンビークまで行ってきました。
モザンビークは、海鮮のシーフードがおいしかったり、海が凄い綺麗とのこと。

ヨハネスブルクから、4~5時間かな。

なんとか、南アフリカからの出国の国境。
そこで、何やら、車の証明書・保険の証明書を提出しろと。
んなものん、持ち歩いてないよ。

あれやこれやで、なんとか言ってたら、
出ました、あ~喉が渇いた。

しょうがね~な、と軽くお金を握らせ、見事出国完了。

そして、モザンビーク側への入国。
・・・英語が上手く通じない。
そうか、メインはポルトガル語。

なぜ。
地図でも、こんな近いのに。
f0064573_422725.gif

へぇ~、旧ポルトガルの植民地ね。

更に、近くの国は、英語は通じるのに。

そんなこんなで、車の証明やら、保険やら、全くよく分からないまま、
色々文句を言われながら、入国が完了。
f0064573_4222848.jpg

モザンビークもVISAが必要で、デジカメで写真を撮られる。
f0064573_4225938.jpg

う~ん、田舎だなぁ。
のんびりしているな。

と、車で2時間ほど走ったところに、本日の宿泊先が。
にしても、モザンビークの運転は怖いな。
みんな激しい激しいわ。

道もめっちゃ悪い。
車壊れるぞ。

さてさて、モザンビークね。
通貨が、メティカルね。うんうん?初めて聞くね。
1メティカル(MZN) = 2.9円ね。うんうん。

さて、マプト(Maputo)に到着。
モザンビークの首都らしいわ。

着くと、教会が。
f0064573_4232255.jpg

なんだこりゃ。
f0064573_4234067.jpg

説明が書いてあるけどよう分からんね。
f0064573_4235683.jpg

そんな感じで、初日は、ホテルで飯を食って、
エスペターダ。
f0064573_4241027.jpg

・・・南アフリカのチェーン店のナンドーズのエスペターダの方が上手い。
ちなみに、ホテルも英語がお互いカタコト。

さて、明日は海に移行。
[PR]
by oioioisa | 2013-01-09 23:00 | 旅行
Kenya(6)

そんなこんなで、あっという間にケニアの度が終わりました。

ケニアで、車移動で使用していた、バン。
f0064573_3242329.jpg

夜中のキャンプファイヤー。
f0064573_3243553.jpg


と、帰国後、そのままダウン。
帰りの飛行機の中で、何か体調が悪くなり、
パスポートコントロールで、体温チャックで引っかかり、
別室へ。その時点で38.5度。

すぐさま病院へ行くようにと、空港で言われ。

翌日に、病院へ。
様子を見ろとのことで、しばらく様子を見るが、いっこうによくなる傾向無し。

場所を変えて、もう1件別の病院。
すると、献血をされて、タンカで運ばれる状況。
f0064573_3245244.jpg

f0064573_3251063.jpg

医者はごついし、なぜかレントゲン取られて、
レントゲン技師はおばあちゃんで、よく分からない感じ。
だけど、マンデラさんも入院したことがある病院らしい。

なぜか、下痢止め、吐き気防止の薬をもらう。
う~ん、それより熱を下げて。

それから、約1週間。

結局、なんだったんだろう。
食欲が少なくなった。腹の中に虫が潜んでいるのか。
このまま、エイリアンになるのか。

そんなケニアでした。
これが、VISA。
f0064573_3252567.jpg

以上、ケニアでした、とさ。
f0064573_325362.jpg

[PR]
by oioioisa | 2013-01-07 23:00 | 旅行
Kenya(5)

さて、今度はナクル湖に行きました。

マサイマラから、ナイロビに飛行機で戻り、
ナイロビから、ナクル湖に3時間くらい車で移動。

ナイロビは、都会だが(めっちゃ汚いけど)さらに田舎に行く感じ。
もう、ホント、田舎だと南アフリカと違いがないような。

こんなホテルだったり、
f0064573_39990.jpg

スーパーだったりと。
f0064573_392336.jpg

そんな感じで、近くのバーガー屋でバーガー。
f0064573_393762.jpg


そして、夜は、ケニアのダンスを堪能。
f0064573_3101059.jpg

なんか、笑えるわ。

楽しいわ。

夜飯は、いろんな肉を棒にさして、目の前まで持ってきて、
その場で切るという大胆さ。
f0064573_3122581.jpg

牛・豚・鳥といった王道から、
クロコダイル、その他もろもろ(忘れた)と沢山。

お腹がいっぱいというまで、それが繰り返されるという強者。
f0064573_312497.jpg

そんなイカレタ親父たち。

そして、誕生日を迎えたということで、
ダンスしながら、ケーキを持ってきてくれた。
f0064573_313462.jpg

そんな感じ
[PR]
by oioioisa | 2013-01-06 23:00 | 旅行
Kenya(4)

マサイマラにきているということで、マサイ村へいざ。
f0064573_2424623.jpg

こっちは、ホント天気が良すぎる。
でも、カラっとしていて、嫌な暑さではないんだな。

日陰はしっかり涼しいし。


さてさて、マサイ族ってすごいね。
視力が3.0~8.0だってさ。

そして、これって。。。

マサイの男性が大人になる儀式に割礼がある。
男性、女性とも、性器に切り痕を入れる。
特に女性に関しては、性行為の快感をなくす作用があるので、
人権活動家の非難の対象にもなっている。


さて、そんな前情報を置いといて、・・・後知識だが。

ということで、マサイ村に連れていってもらいました。

マサイ族に行くと、観光客相手のあんちゃんが出てきて、(彼以外は英語はしゃべれなさそう)
色々案内をしていくれるという仕組み 笑

マサイ族と一緒に、ジャンプが出来ることを期待したが、マサイ族はしないらしい。。。

さて、マサイ族と話し始めると、まずは火を焚いてやると。
2人がかりで火を起こしはじめる 笑
f0064573_243943.jpg

f0064573_2432262.jpg

それを見ていると、写真撮れ、ビデオ撮れってさ 笑
完璧、観光客相手。

待つこと、数分見事に火が起きる。

その後は、家の中に案内されて、マサイ族の生活の説明を始める。
それをひたすら見つめるガキ。
f0064573_2433640.jpg

この村は、約20,30人の村。
家は、約10個。

一部の大人が動物を切り刻んでたが、見事に写真が撮れず。撮ろうとした瞬間に、撮るなー!と。

そして、お土産を買えと。
もう、子供が売り子でなんだか。
f0064573_2435083.jpg

f0064573_244935.jpg

大人の数に比べて、子供の数が多いな、と思うと、みんな牛の散歩に行っているらしい。
f0064573_245217.jpg

f0064573_2451582.jpg

そんなケニアのマサイ村でした。

案内してくれた、お兄さんがた。
f0064573_2453933.jpg

中央のやつが、23歳。嫁一人。
f0064573_2455086.jpg

そんな感じ。

ダイゴは、マサイネームらしい。
ホントか?
[PR]
by oioioisa | 2013-01-05 23:00 | 旅行
Kenya (3)

マサイマラ国立保護区って、凄いですね。

もう、ゲームドライブを開始すると、もう道が無く、
草原の中を走りだし、すると、いろんな動物が出てくる。

南アフリカではありえないな。
これぞ、本格的なサファリ。

8月くらいだと、ヌーの川下り?が見れて、ヌーだらけらしい。

さてさて、早速普通にライオンが寝てるわ。
f0064573_6113653.jpg

そして、インパラが凄い恰好で、おっぱいを呑んでたり。
f0064573_6114868.jpg

サバンナですな。
f0064573_612143.jpg

f0064573_613424.jpg

中々見れないチーター。
f0064573_6131767.jpg

多分チーターが食べた動物の残りを鳥たちが喰う。自然の流れだな。
f0064573_6133018.jpg

そして、狂暴なカバ。意外とめっちゃ人を殺すらしい。
f0064573_6134455.jpg

f0064573_614312.jpg

中々見れないという、クロサイ。
f0064573_6141659.jpg

これには、サイモンも驚き、写真を撮る。
マサイ族がデジカメを。。。こいつはモグリだな。
f0064573_6142724.jpg

そして、なんかうける、バブーン。
f0064573_6144021.jpg

よく分からない、鳥。
f0064573_6145479.jpg

シロサイは結構いる。
f0064573_615574.jpg

なぜか、フラミンゴの大群。
f0064573_6163628.jpg

インパラの対決。
f0064573_616529.jpg

かわいーの、ライオン。
f0064573_617732.jpg

それを見ている、サファリたち。
f0064573_6172082.jpg

逃げる。
f0064573_6173517.jpg


サバンナだね~
f0064573_6175571.jpg

f0064573_618844.jpg

f0064573_6182789.jpg

f0064573_6184077.jpg

バッファローの角。
f0064573_6185284.jpg


こんな感じで、ヒョウが見れなかったのが、ショック。
後、獣同士の対決も見れなかった。

前行った人は、狩りの姿、交尾の姿とか見れたとかいうのに。

これは、もう一回ケニアにくるしかない。

これ以上に動物を見た気がするわ。

そんな感じ。

さて、次回はマサイ村へ。
[PR]
by oioioisa | 2013-01-04 23:00 | 旅行
Kenya (2)

待ちくたびれて、約1時間。
f0064573_5463750.jpg

周りの人たち(そこで、お土産を売ったり、次の便で来る人を待っている人たち)も
なんだ、なんだと話しかけてくるのさ。
f0064573_546585.jpg

やっぱり観光客が多いのか、「大丈夫だから!」みたいな。

そして、遂に来ました。ごついのが。
着たとたん、なんかかっこいーじゃねーか。
f0064573_547155.jpg

今着いたセスナと話始め、違う違うって。
f0064573_547285.jpg

なぜ遅れたかって、それはお前らが到着するのは明日だ!って聞いてたからだ。
・・・うん、じゃあ行こうか。
f0064573_5473978.jpg


こいつの名前はサイモン。
f0064573_5475776.jpg

年は、30歳くらい、妻は一人。
そうそう、ケニアは一夫多妻制なんだってさ。
でも、若いうちは一人か二人で、年を取っていくと次の次のって、ドンドン増えていくらしい。
今は、一人で十分だってさ。

さて、とりあえずはロッジに向かう。
そんな最中も、運転しながら、双眼鏡で動物を探す、サイモン。
f0064573_5481069.jpg

ってか、この格好はマサイ族の恰好なのか?
マサイは首長くないのか?
マサイは草原の貴族っていうらしい。なんかかっこいー。

そんな中、色んな動物ともご対面。みんな自由だね。

だが、マサイ族が手懐づけている、牛の大群は見事に列をなして、歩いていた。
f0064573_5483326.jpg


そして、ロッジ。
というか、でっかいテントだね。
f0064573_5485587.jpg

こんなとこで。。。っていうより、意外と快適かいてき。
f0064573_5494234.jpg


外も、川が流れていて、猿がいっぱいくる。
f0064573_550829.jpg

ん、ケニアに猿?バブーンって名前らしいけど。
朝はこんな霧ですわ。
f0064573_5502210.jpg


そして、テントの中には、
何か動物が襲ってきたら、この笛を鳴らして、
マサイにしか聞こえない周波数だから。。。ホントか!
f0064573_5504062.jpg


そんなマサイマラ、これこそ大自然だ。
f0064573_5505185.jpg

朝一では、気球が空に浮かんでて、よくある写真みたいだ。
f0064573_551381.jpg


そんな感じで、動物たちを見に行くのさ。

では、また。
[PR]
by oioioisa | 2013-01-03 23:00 | 旅行
Kenya (1)

12月の中旬に、ケニアに行ってきました。

ケニアから、南アフリカに帰国する際に、黄熱病の予防接収がなければ、入国ができないということで、
先月予防接収という名のイエローフィーバーを打ちました。
生ワクチンということで、打つことで、10年は大丈夫そうなのだが、
見事に、副作用で、39度くらいの熱を出しました。

ケニアから、日本への帰国の場合には、予防接収は必要ないのに。
また、日本で打つのと、南アフリカで打つので量が違うとのこと。
ホントかな?

そんなこんなで、ケニアへ向けて、出発。
南アフリカ航空で、約4時間。

いんや、何もない飛行機だわ。

ケニアといえば、ジャンボー(スワヒリ語らしい)!でおなじみ。
そして、すっかりサンコンさんがケニア出身だと思っていたら、
ギニアでした。 んなことはどうでもよく。

と言っている間に、ナイロビに到着。

空港で、旅行代理店の人と待ち合わせ。
会ってみると、ケニア人のくせに日本語がペラペラ。
なぜかと聞くと、大学の時、マラソン留学で日本に来ていたらしい。
山梨学院大?・・・よく、聞く 笑

そんな感じで、空港からナイロビまで。
なんか、南アフリカと変わらないなとて。
f0064573_5173358.jpg

f0064573_5174755.jpg

f0064573_518313.jpg

初日は、ナイロビの街をプラプラ。
うん、話には聞くが、ヨハネスブルクより、治安は悪いかもしれない。
といっても、無事だったが。

とりあえず、ヨハネスブルクだと、少なからず白人が存在するけど、
ナイロビは100%黒人。
しかも、お決まりの通り、道を歩いていると、
仲間がどんどん増えていきます。

とりあえず、話しかけられまくります。

こんな感じだけど、24時間やっているスーパーがあるとは。。。コンビニではなく。
f0064573_5182018.jpg

そこで、とりあえず、2種のビールを。
f0064573_5183968.jpg

f0064573_5185995.jpg

そんなこんなで、1日目はあっという間に終了。

そして、2日目に、国内線で、マサイマラという地域に移動。
国内線と思っていたが、めっちゃ小さい空港だったわ。

って、セスナじゃねーか。
f0064573_5191413.jpg

初めてだから、楽しみだ!
f0064573_5193113.jpg

空を見守る人ら。
f0064573_5195128.jpg

さて、早速セスナに乗ると、あらま、運転席が丸見えじゃあっりませんか!
f0064573_520593.jpg

f0064573_520175.jpg

なんかパイロットと副パイロットが二人で、手をつないでやる作業とか、ちょっとおもろいわ。

さて、そんなんで、空を飛び、
f0064573_5203562.jpg

マサイマラへ。

着陸したら、何もない草原。サバンナだな。
f0064573_5204972.jpg

そして、案の定、マサイマラの泊まるロッジの人が迎えに来てなくて、はぁ。。。
f0064573_521545.jpg

とりあえず、他のロッジの人等に助けを求め、泊まるロッジの人を迎えに来てもらいましたとさ。

そんな感じ 続く。
[PR]
by oioioisa | 2013-01-02 23:00 | 旅行
Kruger National Park(3) -四百十二日目- ss

さて、今度は夜のゲームドライブです。

寒い。
暗い。
眠い。

夜に動物が行動するというのに、暗くてあまり見つからない。

見つからないのか、レンジャーが
カメレオンを見つけて、大いに説明してくる 笑
f0064573_1825935.jpg

色が変わるんだよ。
んなぁこたぁ分かってる 笑
あんたが黒いから余計目立つわ。

キリンは相変わらず、凛々しいし。
f0064573_183134.jpg

地図はホントか?って疑うし。
f0064573_1832359.jpg

キリンは死んでるし。ん?
f0064573_1833657.jpg

凄い死に方だ。
f0064573_183503.jpg

バッファローは、堂々たるもんだし。
f0064573_1841252.jpg

f0064573_1843162.jpg

ケツ
f0064573_1844942.jpg

鳥はいつでも飯を狙っているし。
f0064573_185336.jpg

f0064573_185343.jpg

ということで、結局、
チビ豹、チビライオン、チビサイは見れたわ。
サイは生きてました。
どれもちょこまかしてて、撮れなかった。。。

そんな感じなクルーガー。
また行こうっと。
f0064573_186023.jpg

f0064573_1861236.jpg

[PR]
by oioioisa | 2012-09-01 23:00 | 旅行
Kruger National Park(2) -四百十一日目-SS

今日は、ゲームドライブです。

自分たちで車を運転するのではなく、
レンジャーが案内してくれるものです。

気合を入れて、こんな気分でのTシャツを。
f0064573_1658663.jpg

他の人達の気合とは裏腹です。
f0064573_16582612.jpg

来ました、バッファロー軍団。
f0064573_1659168.jpg

山ほどおるわ。
みんなどーやって暮らしているのか。
f0064573_16593135.jpg

象やらバッファローが共同生活してます。
f0064573_16595632.jpg

共食いしないかな。

象が向かってくるし。
f0064573_1723947.jpg

にしても、肉肉しい、肉食がみれん。
にくにくにく。

シマウマは大量に発生しているが。
f0064573_17585392.jpg

気付けば、38度って。
f0064573_17591342.jpg

つい2週間前は、マイナス7℃にいたのに。

この気温の差は・。・

ってか、猿までいる。
f0064573_17592539.jpg

よーわからん。

それにしても、テント慣れしている人は、すっごい行動が早いな。
f0064573_1759392.jpg

こりゃ、しっかりしたテントを買うべし。

以上。
[PR]
by oioioisa | 2012-08-31 23:00 | 旅行
Kruger National Park(1) -四百十日目- SS

さて、クルーガーに到着しました。
ヨハネスブルクから車で、約6時間の場所。

南アフリカで一番大きい国立公園。
いっても行くのは2回目だけれども。

さて、今回はどーいったことが起こるかな?

いわゆるビック5は見れるのだろうか。

といっている最中から、お、バッファーローとて。
f0064573_16515372.jpg

そしてキリンに。
f0064573_16523454.jpg

象。
f0064573_1653188.jpg

ここら辺の動物は山ほどみられたわ。

突っ込んできたり。

そして、各キャンプサイトには、どの動物をどこで見たかという記録が。
f0064573_1654185.jpg

目指すは、チーター・豹・ライオンです。

ん、サイは死んだ?
f0064573_16544547.jpg

なんだそりゃ。

とはいえ、目指す動物は中々見られず。

そんな感じで、今日はキャンプサイトで、テントです。
f0064573_16551716.jpg

テントなんて、何十年ぶりだ?

そんな感じ。

夜、動物に襲われないか心配です。
[PR]
by oioioisa | 2012-08-30 23:00 | 旅行