<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
あの頃に
f0064573_171345.jpg

f0064573_171310.jpg

f0064573_171318.jpg

久しぶりに、メンバーと再会、そして徘徊。
インだけ意識。
ということで、A.V.A同窓会やりました。
今回のバレンタイン、ダイゴデーは。
意外な人が集合で、めちゃめちゃおもろかったわ。

気付けば、ドラムのまてぃは働き始めて、アコーディオンのゴボウは彼女できて(ごはんです、だけど)ギターのヘチマは結婚して、ベースのケンケンケンは子供もいて、釣り人は沖縄でソープに行くし、みんな生活の変化がめぐまわってました。
初期ドラムなんて、子供が小学生だよ 笑
まぁ、それぞれですな☆
あたしゃ、どーしよ 笑

今まで、A.V.Aでステージで一緒にやって頂いた人の数を改めて考えると、20人くらいはいたんだね。
それこそ、全員集合っていうのをやってみたいね。

でも、最終的にはいろんな人が来て頂いて、なんともありがたいもんです。
改めて人の繋がりに感謝ですね。

本日は、まりっぺデーで、久しぶりに元バンドで一緒にやっていた、ヒロム氏とブランキーの話で盛り上がり、久しぶりに聞こうと。
かたさんは、イタリアイタリアって言ってたが。

そんなこんなで、皆様ラブサミで会いましょう☆

写真、集合写真
エンピ:TAZさん、真摯:武田さん
ごはんですよ。
[PR]
by oioioisa | 2010-04-30 01:07 | 日常
夏が始まるよ
f0064573_21341914.jpg

GW恒例、あのイベントが。
やってきましたTシャツの季節。
全国から70ブランド以上が集結し、Tシャツの即売会。
必ず気に入るアイテムに出会うことができる。
その他にも、ステージでは、大人気お笑いサバイバーシリーズ。
そして、アイドル対決に、腕相撲大会と盛りだくさん☆
入場料も300円。

是非ともGWは、ラブサミから始めよう。

■Tシャツ・ラブ・サミットVol.15 -ダイナマイト-
■2010年5月1日(土) 11:30〜17:30 / 5月2日(日) 11:00〜17:30
■会場:科学技術館(東京・九段下)
■入場料:300円(2日間フリーパス)
■http://news.t-lovesummit.com/

気候も暖かくなってきたので、散歩がてらに遊びにきて下さい。

http://oisa.exblog.jp/
[PR]
by oioioisa | 2010-04-29 21:34 | 日常
はる

今年も気づけば、GWですよ。
さて、最近といえば、相変わらずですよ。
人に、興味がないと言われつつ。

さて、最近は2本見ました。

「スラムドック ミリオネア」
f0064573_920474.jpg

「少年メリケンサック」
f0064573_9202068.jpg


スラムドックミリオネアは、凄い。
これは見るべきだ。
f0064573_9211046.gif

誰もが知っている、日本の番組。
それをモトーフにし、スラム街育ちの男性が、回答者として登場。
成長するすべてが、問題となっており、
すべてがつながっている。
出来た映画です。

そして、少年メリケンサック。
意外と忠実にパンクシーンを表現しており。

花屋って 笑
単純に、面白かったですよ。


さて、今週の土曜日は、
東中野Barバレンタイン、THE A.V.A同窓会です。
皆様、是非とも遊びに来てください。
f0064573_9225924.jpg

メンバーも全員遊びに来ますし、
懐かしのアメリカツアーの映像から、最後まで。
個人的にもめちゃめちゃ楽しみです。
f0064573_9231373.gif

是非、おいでやす。
[PR]
by oioioisa | 2010-04-23 09:23 | 映画
西へ
f0064573_0283929.jpg

f0064573_0283977.jpg

f0064573_0283931.jpg

日本の中でも、東京と大阪間って意外と時間がかかるもんですね。
ということで、大阪に行ってきました。
大阪と言っても高槻、そして京都に。
風情だなぁとて。
京都なんて、中学校の修学旅行以来だよ。
夜中出発、朝着いてその日の夜関西を出るという、弾丸スケジュール。
町を歩く中、聞こえる関西弁、これはきますね 笑

京都の街がここまで広く、市場?商店街が大きくあるなんて、予想外。
但し、そんな中、鴨川のほとりで、カワウソが居るという、なんともいえない街の感じ。
癒しと賑わいがあるこの感じ。
こういう行ったことのない街に行くのはいいです。
行った寺は、なぜか宗教色が強く、鳩がめちゃくちゃいた。鳩使いにもなれる 笑

行き当たりばったりではなく、計画を立てて行くということを少しは考えなきゃな、と自分に言い聞かせます。
最終的には、京都の魚民で呑んでたよ 笑

さて、次は北を攻めますか。

にしても、最後の看板の意味はよー分からん。
[PR]
by oioioisa | 2010-04-19 00:28 | 日常
Valkyrie

朝早く起き、ゆらりゆらりと電車に揺られ、
着いたわ、ディファ有明に。
天気に恵まれたなと、テングさんと待ち合わせ。

さて、本日はValkyrie、女子格闘技の金網張りに。 お、こんな少人数で組み立てるのか。
いんや、なめてました。
金網のリングの土台がこんなに重いとわ・・・。 作業すること約4時間。

最後の方には、すでに腕がプルプル状態に。 あっ、これがボクサーの腕が上がんないという感じか。
いやぁ、やわになったな、と思いつつ。 なんとか、金網も見事に完成。
気づいたら、人もいっぱいいて、ガタイのいい男だらけだった 笑

テングさんにビールを奢ってもらい(ごっさんす)
のほほんと、バイト上がりの昼間のビールのような感じに。

さて、そこで格闘技が始まりました。
そこで、急遽、本日誘っていただいた、春山さんに、
勝利者への贈呈品をラウンドガールに渡す役をやってくれと。
テングさんは、金網の入り口を開けたり・閉めたりと。
そんな形なので、リングのすぐ下の席で拝見することに。

ラウンドガールは、みんないい肉付きだった。
なんか、そこが変に気になりつつ、試合が始まった。
f0064573_22533281.jpg

最初のほうは、やはり眠さがそそられる部分があったが、
後半の試合になるにつれ、すごかった。
f0064573_22533265.jpg

ベティコのパンチがすごかった。
藪下 めぐみの顔面殴りは、まるでヤンキーが相手を固定して、
動かないようにして、ただひたすら顔面を殴る。すごかった。
f0064573_22533211.jpg


こんな女子の格闘技を見るのは、中々ないので楽しかったわ。
誘っていただき、ありがとうございました。

さて、終了が15時過ぎ、まだまだ時間があります。

さて、鍛えますか。
[PR]
by oioioisa | 2010-04-13 22:53 | イベント
ここで留まるか行くか行かざるか
f0064573_2183928.jpg

さて、4月に入り新しい風が入ってきて。
また5月から一気に展開が変わりだすな。
で、今年の後半には。
その準備が大変だわ。

さて、こないだの日曜、初めて行きました、お台場カルチャーカルチャー。
Tシャツオークション。
いや、安い、これはお得だわさ。
ミッシェルの98年のツアーTシャツ、1000円。
スチャラダパーの15周年記念Tシャツ、600円、裏面は歴代のロゴ。

それにしてもお台場自体めちゃめちゃ久しぶりでした。
クラゲさんお疲れ様でした。

そのまま、代々木公園へテングの花見へ。
めちゃめちゃ人居んのね、公園自体に。
そん中、木に天狗のお面って…、分かるかぁ 笑
何年ぶりかに、木にも登ったわ。何人か、普通に落ちてておもろかったわ。
さて、今週も花見、さて間に合うかな。
[PR]
by oioioisa | 2010-04-08 21:08 | 日常
春、花粉、グラントリノ

今年の花粉は意外と激しくはないです。

テレビが壊れたのは、かなり痛い。
家かえるととりあえずテレビをつけるテレビっ子には、厳しいもんです。

さて、ようやく見ました。
「グラントリノ」
f0064573_201231.jpg

主人公ウォルト・コワルスキーは、昔気質でとても気難しい老人。
彼の息子や孫たちは彼をうとんじ、妻をなくしたこの孤独な老人を引き取ろうとするどころか、
施設に入れようとばかり企む。
誰からも好かれず、厄介者としか思われていない孤独な老人は、
自宅の芝生に誰かが足を踏み入れただけでライフル銃を突き付けるので、
当然、近所付き合いもなかった。そんなある日、隣に住むアジア系の少年タオが、
よりにもよって彼のヴィンテージ・カー「グラン・トリノ」を盗もうとする。
若いころ戦争で鍛えられていた彼の前で、そんな試みはあえなく失敗。
しかし、これはウォルトの運命をも変える出会いとなるのだった。

床屋のおやじとの会話が最高だった、お互い差別用語を言い合ってるんだけど会話が成り立ってる。
f0064573_2015136.jpg

へんくつじいさんがお隣のタオやスーと関わりだしてから少しずつ変わっていき、、
逆にタオもこの出会いによってずいぶん変わりました。

頑固じいさんもビールと料理につられてノコノコお隣に出掛けていくんだなと。
モン族って、義理堅いんだな。

ところで、モン族ってなんなんだろう。
モンクなら、知っているが。
“東南アジアに住む民族の一つ。古くから東南アジアに居住しており、ハリプンチャイ王国を建てたことで有名で、
後にビルマのペグーに移り住んだのでペグー人とも言う。
ラーマンあるいはタラインと呼ばれることもある。
その後一部が中国の雲南から南下してきたタイ族やビルマ人などと混血した。
現在80万人程度がモン族を自称している。”

にしても、黒人から見ると、東洋人はそそるのだろうか??
オレらが、西洋人を見ると、なんだか同じ感じの顔ってみんな見えてしまうけど、
反対もそうなんだろうかね。

とにかく、グラントリノのじいさんはかっこよかった。熱かった。
最終的には、すべてを諭して、自ら立ち向かう、その心意気。

さ、後1週間の我慢。
[PR]
by oioioisa | 2010-04-08 20:04 | 映画